前進!

  • 2018.01.19 Friday
  • 14:45

何であろうと「前進してるな〜」って実感しているときは楽しいですよね。

 

力がついていると思えるときとか、何らかの前向きな変化が感じられるときとか。作業が進んでいることなんかでも感じられたりしますね。

 

そのものの「おもしろさ」がまだわからないとしても、「前進していること」が感じられればそれを楽しんでやることは可能ですね。

 

その意味で、勉強はそれを感じにくいことが多いのでなかなか「楽しいこと」にならないのかもしれません。

 

どんなことでも、少々は我慢したり、たゆまぬ努力を必要としたり、けっこうな反復しなければならなかったりするのですが、お勉強については、それらをより嫌悪される傾向にありますね。

 

勉強を教える塾まで「小学生のうちは他のことにも…」とか「受験生まではそこまで勉強はしなくていい…」とか言って集客する始末ですから、勉強は若い世代にはひたすら悪者扱いされますね。そういうこと言う人間は、そもそも塾なんかせんと、小学生がガンガンやるべき他のこととか、受験生以外の中学生が勉強以外で取り組む価値のあることを提示して、それをやらしてあげればいいのに。それを他の習い事や部活に丸投げするのはどうかと思うんですが。

 

塾の人間が、子どものうちに勉強にガンガン打ち込む価値も語れないというのは情けないことです。「他のことに打ち込むことでしか得られないこと」があるのであれば、当然「勉強に打ち込むことでしか得られないこと」もあるはずですから、同等ですね。そういう人は「勉強に打ち込んでいたらこんなことになった」なんて悪い例だけを出しますが、私のまわりにはそうでない例のほうが圧倒的に多いので、とても不思議です。「勉強では学力しか得られない」のであれば、「陸上競技では競技技術しか得られない」のですよね。そんなわけありますか?

 

勉強にガンガン打ち込むことを否定する人間はその論がどうにも薄っぺらく、そして平気で勉強にガンガン打ち込んでいる子どもを傷つけるような発言をしますね。そしてそのエビデンスにお偉い人も同じこと言ってるとか、データが示しているとか…自分の言葉の責任は自分で持てばいいのに。お偉い人が言うことは正しい?データの多数派が正しい?うまくいかなかったら、それを盾に身を守るんでしょ?ほんとうに現場を見ていればそうはならないと思いますが…。

(ちなみにエビデンスなんて伝わらない言葉を平気で使うことにセンスを感じません。伝わらない横文字はイキってる人がよく使いますね。)

 

たとえば、「小学生のうちから勉強に打ち込んで、中学生なったら他のいろんなことも両立させる!」でもいいし、「早い段階からめっちゃ頑張っといて、受験は圧勝してやるぜ!」でもいいんじゃないですか?

 

この方が、保護者の方もお子様をより安心して見守れる気がするのですが…。

 

塾が勉強に打ち込むことを否定しだしたら終わりなんで、Sakura塾は勉強に打ち込むことを通してガンガン指導していきます。

 

それを楽しんでやれるとより良いですよね。ということで、Sakura塾2018のテーマは「前進!」だ!

 

 

 

 

成績保証・合格保証

  • 2018.01.18 Thursday
  • 12:15

成績保証…、合格保証…、違和感がありますね。

 

「当塾は何点アップを保証します!」「当塾は安心の合格保証!」

 

保証を打ち出す側にも、保証を求める側にも強い違和感を感じます。

 

主役となる子どもたちは、そんなものを求めているのでしょうか。

 

自分の学力、自分の成績、自分の合格を、塾に保証される?保証してもらう?

自分の学力、自分の成績、自分の合格は、全て塾のおかげであり、全て塾のせいということですか?

 

主役となる子どもたちは、そんなものを求めているのでしょうか。

 

塾の先生としては、塾生の学力が振るわない、塾生の成績が伸びてない、塾生を不合格にしてしまったとあれば、いかなる理由があろうとも自責の念にかられます。そうでない塾の先生は、まぁ現場を去るべきでしょう。

 

それに対して保証を求める場合は、子どもが「塾が悪いから、自分の学力が振るわないんだ!」「塾が悪いから、自分の成績が伸びないんだ!」「塾が悪いから、不合格になったんだ!」といい、保護者が「塾が悪いから、我が子の学力が振るわないんだ!」「塾が悪いから、我が子の成績が伸びないんだ!」「塾が悪いから、我が子が不合格になったんだ!」というってことですよね。子ども自身の取り組み状況は棚上げした状態で。

 

…やっぱり違和感がありますね。

 

私の子どもは習い事をしていますが、子どもが「〇〇が悪いから、自分が××なんだ!」とか言い出したら迷わずブッ飛ばしますね。「自分自身のことを他のせいにすんな!」って。私も、子どものことを他のせいにする気はゼロです。自身のことを他のせいにするようでは、どこで何をやっても同じだと思いますから。

 

「保証される」って、まぁある意味で未来のことを他に「決められる」ことですよね。だから私自身は自分自身のことを他に「保証」なんてしてもらいたくないです。何かをやるのに、それほどくだらないことはないですよ。力はかりるけど、やるのは自分自身ですから。

 

ラ〇ザップに結果を保証されてダイエットに成功してね、「どうやってやせたん?」「ラ〇ザップのおかげ」ってむなしくないですか?トレーナーにサポートをしてもらったとしても、過酷な筋トレや食事制限に耐えたのは何より自分自身のはずなのに。

 

私ができるのは徹底サポートだけだと思っています。やるのは主役である子ども以外の誰でもない。

だからこそ、私は心の底から「合格は本人の努力、不合格は私の力不足」だと思っています。

 

私に保証はできませんししません。子どもの未来を決めるようなまねは、私にはできませんししません。

 

サボればうまくいかないでしょうし、頑張れば結果が出てくることでしょう。

私がするのは、その子どものすぐそばで、できる限りのサポートをするというだけです。

 

だからこそ、子どもがこちらの想像をこえて成長していくのだと思っています。

 

主役となる子どもたちは、自分自身のことに「保証」、自分自身のことを「決められる」、そんなことを求めているのでしょうか。

 

子どもは大人の考える限界なんてこえていけばいい。保証なんていらないんじゃないでしょうか。

 

 

 

ちなみに、保証っていったい何をしてくれるかご存知の方はいらっしゃいますか?それ通りいかなかったときにいったい何をしてもらえるんでしょうか?お金が返ってくるとかですかね?そんな保証こそ、子どもは完全に蚊帳の外ですね。少なくともそのために過ぎ去った時間は戻りませんね。

 

 

 

〇〇〇が教えられます!

  • 2018.01.15 Monday
  • 12:00

私は、個人的に小学校の先生ってすごいな〜って思っています。

というか、小学校低学年を指導できる先生がすごいと思っているんですよ。

 

指導はどう考えても相手が小さければ小さいほど難しいと思います。

 

はっきり言えば、中学生を教えられる先生なら高校生も教えられます。

 

先生がきちんと勉強をすればいいだけです。できないというなら、その先生が怠慢なだけです。

相手はそれなりに勉強してきている高校生なんですからね。

 

小学校低学年はそうはいきませんよ。こちらが勉強する以上に、相手のことを勉強しなければならないでしょう。何を考えてて何を思って何を言いたいのかがわからないと、まともにコミュニケーションすらできません。ほんとに難しいことです。

 

世間の評価は逆なことが多いようですね。

 

自分が勉強することの難しさはもちろん、低学年内容<高学年内容<中学校内容<高校内容ですよ。

でも指導の難しさは間違いなく、低学年>高学年>中学生>高校生です。

 

低学年が指導でき評価されているというのは、いろいろと安心できますよ。

 

 

 

我が子を個別指導塾に預けるか。

  • 2018.01.15 Monday
  • 11:30

我が子を個別指導塾に預けるか。

 

前提条件として「一般的な個別指導塾」です。

(信用できる先生が確実に面倒を見てくれる場合、話は別と考えて下さい。)

 

私の答えは「NO.」ですね。

 

簡単に考えて…

 

費用が高くて、妥当に考えれば週2通塾くらいになる。

 1回90分で週1で10,000円、週2で20,000円くらいするんですかね?経済的な面を無視できないですからね、20,000円払ってもそれほど勉強しないですね。

 

誰が教えるのかわからないし、先生の力がピンからキリまで。

 多くの場合、比較的近所に住む大学生バイトに教えてもらうことになると思うんですけど…。小学校や中学校の先生もそうですが、いろんな先生がいらっしゃるでしょうからね。

 

結果として、学力がつく気がしない。

 

ということで、検討する必要もないと思ってます。

 

個別指導講師の給料ってすごく少ないです。いろんな意味でブラックバイトなんてよく言われますけどね。指導している先生のお給料は少なく、指導料は高い。お金はいったいどこにいっているんでしょうか。個別指導塾が山ほど増えてきた理由がまさにそれでしょうね。予定を組む管理者(教室長?)に、そのお金の多くが流れていくシステムなんでしょうね。

 

また、薄給の先生の中には、ろくに授業の準備をしない(準備の時間に給料は出ないみたいですしねぇ…)先生も多いようですね。まぁ大学生であれば、まとめのページや解説がついていればそこに書いていることはわかるので、それをそのまま説明してやるみたいですね。子どもはそれでも教えてもらっている気にはなるでしょうしね。

 

また、個別指導の教室長の募集って、多くは「未経験者大歓迎」なさってるんですよね。…それはどうなんでしょうね。

 

もちろん、そうでない場合もあると思いますよ。ええ、それはもちろんです。大学生バイトじゃダメなわけでも、業界未経験教室長じゃダメなわけでもないです。いろんな意味できちんとしているところもあるんでしょう。でも、私は上記のことを疑ってかからなければならないところに我が子を預ける気にはならないというだけです。

 

教え子に大学受験のために通う塾を相談されたときも、近場にはなかったので、遠いですが、力があってまともな先生がきちんと面倒を見てくれる塾をすすめました。

 

子どもは驚くくらい環境の影響を受けてきますからね。子どもにとって大人(先生)は何をしても「それが正しい」と思われやすい存在です。悪影響を与える大人(先生)がいるかもしれない場所に、小学生や中学生の時期の我が子は預けたくない。

 

というのが私の考えです。

 

もちろん、現在、個別指導に通っている小・中学生と通わせている保護者様が満足しているのでれあれば全く問題ないです。

 

あくまで真剣に我が子であればどうするかと思ったときの私の考えをお伝えしただけです。

 

P.S.信用できる先生が確実に面倒を見てくれる個別指導塾が、形式としては最高かなと思っています。

 

 

 

 

新年度募集、始まりません!

  • 2018.01.11 Thursday
  • 11:21

10分前のおふざけブログはおいといて(前半の内容は偽りありません)、2018年が幕を開け、1週間が簡単に過ぎ去りますね。春になるまでこのペースなのでしょうね。

 

受験生とそれに関わる全ての人が同じことを思っているかと思います。

 

私自身は、現在は目標としている「楽しむ」まではいけてませんが、自身のやろうとしていることに「期待」しながら進んでおります。

 

さて、いろんな塾で新年度の募集が始まっておるようですが、それに関してSakura塾は大きく出遅れそうです。想定している募集開始は、最もはやくてホームページ・ブログで2月末、チラシになると3月上旬になります。この1か月くらいで精査して、比較的大きな決断をして、それからでしか動きようがないからです。(もっとはやくできなくはないですが、通常業務のほうが圧倒的に優先順位が高いですので。)

 

あっ、新中1~新中3の募集(現小6~現中2)は通常の形式(体験入塾からの入塾検討)では行っていますので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

ハッキリ言って3月上旬まで本格的に外部に向けての募集をしないのは少々不安もあるんですが(冬期講習もチラシ出さなかったし…)、ありがたいことに今から春までの入塾がもしゼロになってもいいかなと思えるくらいには通塾いただいておりますので、ここは耐えます。まぁ、募集が遅いくらいでダメならその程度の塾だと評価されていると思うことにします。

 

より良いものが塾生とその保護者様方に提供できる、もっとやれることが私にあるのであれば、私はそれをためらう理由がないのでその実現のために突き進みます。

 

まだ確定させていないので内容については何もお伝えすることができませんが、もしSakura塾にご期待いただいているのであれば、義務教育過程にあるお子様がいらっしゃる保護者様は少々お待ちいただければと思います。

 

さぁ、今日も頑張りましょう!

 

 

新しいテキスト

  • 2018.01.11 Thursday
  • 11:11

塾で使用しているテキストを、1冊追加、2冊変更しました。

まぁ、いろいろ検討して、さらなる成長を目指して変更することにしました。

 

 

私の指導イメージは昇竜拳!!!

 

 

みたいな感じでね、「ここから突き上げてやるぜ!」くらいの感じだったんです。

 

 

でもね、これからは、タイガーアッパーカット!!!

 

 

みたいな感じで、「さらに下からもっと突き上げてやるぜ!」って思ってやっております。

 

 

そのせいで、私は見た目が少し変わってしまいました。

 

少し前までこうだったんですよ、私。でも…

 

最近撮った自撮写真を載せておきますね。

 

 

どうか、私をおそれずにSakura塾に来てくださいね。

 

あっ、私はストリートファイトはやっておりませんので、よろしくお願いします。

 

 

 

本日より

  • 2018.01.04 Thursday
  • 10:36

Sakura塾の2018年、始まります。よろしくお願い致します。

 

春頃には看板をかえます。「いつまで看板に偽りありなんだよ。」状態なので。でも、今は結果的に看板かえてなくてよかったと思っております。どっちにしても今年の春頃にはかえていると思うので。

 

年始頃から胃腸の調子が悪かったんですが、本日は大丈夫そうです。胃腸の調子が悪かったのも、今年の自身の目標達成へのいいスタートを切るきっかけにもなりました(超前向き思考)。

 

私は塾生に勉強を頑張らせますし、私は塾生にできるだけ前倒しでコツコツやることをすすめますし、私は塾生に健康は損なわないように進言しますので、私が何よりそれを実践していこうと思っております。

 

ですので、私は塾生より勉強を頑張るし、前倒しでコツコツことを進めていきますし、健康体になって10代の若さを取り戻します。

 

…いきなりで申し訳ないですが、10代の若さはあきらめます。あのピチピチ具合は今さら無理です。あれは10代の特権です。

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

  • 2018.01.01 Monday
  • 01:01

あけましておめでとうございます

 

旧年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

2017は自分自身に大いに憤った年でありましたが、まぁ別の角度から考えれば「現状の自分に憤ることができるようになった」と考えております。ちょうど5周年を迎えた(夏前)あたりから、自らの「自分らしさ」や「自分の限界」と、その他からの「Sakura塾(私)らしさ」とか「Sakura塾(私)の限界」に、大いに疑問を感じました。「らしさ」や「限界」を作ってしまっているんじゃないかな〜というか、気づかないうちにしばられていたように思います。

 

憤っていたのは、Sakura塾としての第1段階が終わっているのに、まだ第2段階に移行できていなかったからなんですよね。

もう「らしさ」とか「限界」にしばられていることがバカらしいし、そんなことを気にしている場合でもない。

 

ということで、個人的にいくつか目標があるんですが、今年は全てを達成にしにいきます。

達成できれば、2019年のこの日には普通に見ればわかるくらい変わっているはずです。

 

簡単にまとめてしまえば「とにかく自分も楽しんで、とにかく塾生を成長させる!」ですね。

 

ここから5年で超加速して他を圧倒するつもりです(^^)

(こんなところに書いちゃったらやるしかねぇ…。まぁそれも楽しみますね。どっちにしてもそれができないようではここから5年は生き残れないでしょう。)

 

ということで、2018スタートですね。よろしくお願いします!

 

 

 

 

2017全授業終了

  • 2017.12.29 Friday
  • 23:25

本日、Sakura塾の2017年最終授業が無事に終わりました。

 

そして今年も最終授業にいる学年の子たちに、授業後30分弱お掃除をお手伝いしてもらいました。

また、できるとこからコツコツやってたかいもあり、もう(23:00頃)塾のお掃除が終了しましたー!
まぁ、掃除だけすればいいんじゃないんで、それだけでさっさと帰れるわけではないんですがー。

 

何だかんだで2017年も2016年までとは全く違った1年になったな~と思います。

 

とにかく、なんでかわからないですけど、忙しかったですね。ま、それはいつもか。

個人的には精神が強くなったというか、余計なことを気にしなくなりましたね。
とにかく信じてくれる塾生とその保護者の方に最後には笑ってもらうために頑張るだけっす。

 

さて、2018年はさらに違った1年になる予感がしますねぇ、はい。今まで以上に。

 

というわけで、今年もありがとうございました。

こうやって、当たり前のように指導に集中し続けられる環境をいただいていることに感謝です。

 

それでは、続きのお仕事しまっす!

 

 

 

 

 

ヤット

  • 2017.12.25 Monday
  • 02:30

ヤットというのは、ガンバ大阪の遠藤保仁選手の愛称です。

 

 

当然ブログに出すくらいですから私は大好きなんですよ。とにかく、かっこいい。

 

最近は日本代表に呼ばれてないようで、私にとっては日本代表の試合の見どころが半分以下になって残念という気持ちしかありません。

 

サッカーのプレイスタイルがかなり好みなんですよね。足が速いわけでもなく、体が強いわけでもなく、身体能力には優れていません。ただ、サッカー選手なら誰もが当たり前にできるプレイを、誰にもできないレベルでするんです。要するに、ボールを受けて、ボールを蹴るという技術が圧倒的なんですよ。そして、プレイをしながら周囲の状況を常に見続けてる上に頭が切れるので、判断の速さが秀逸です。それゆえに、プレイがシンプルになってそのすごさが伝わりにくい面があります。どうしても、切れ味鋭いドリブルとか、豪快なシュートとか、奇想天外なパスに「すごいっ!」となりやすいですからね。

 

まぁ、私、こういうところを目指しているところがありますね。ココを掘り下げていては長くなり過ぎますので割愛しますね。

 

それ以上に遠藤保仁選手のすごいと思っているところが精神面ですね。

 

「言いたい人には言わせておけばいい。否定的な言葉には敏感に反応せず、スルー。」

「弱点はちゃんと受け入れる。でも、そのままにはしない。」

「火事場で初めて馬鹿力を出すようじゃ、遅い。」

「自分自身や、他人が作った自分のイメージに押し潰されることはない。」

「周りの評価なんてどうでもいい。監督とチームメイトから、どれだけ信頼されるか。」

 

いや〜強い。これくらい強くなりたい。「そうだよな。」と思うけど、どこかでまだそうなり切れない自分がいますね。

 

特に「言いたい人には〜」とか「周りの評価なんて〜」とかは、そうでなければやってられないところがありますからね。勝手にいろんなこと言われますから、こちらからすれば「いや、そんなこと言うわけないでしょ。」とか「それは完全に嘘ですやん。」とか思うことがあります。みなさんもありませんかね?そんな経験。そして私にはそれに反論する場なんて別に与えられるわけないので、例えは微妙ですが、A君とB君がケンカして、A君の言い分だけを聞いた先生に叱りつけられるB君状態ですね。これに関しては「沈黙は金」の精神でいるしかないですね。まぁ個人的には、そういう勝手に言われていることを聞いて「そんな塾なん?」って疑われることがまだまだ力不足で情けないなって思ってます。

 

逆に好評をいただくのはありがたいとは思いますけれど、まずは自分が納得いってなければダメですからね。たいていは悪評も好評も割増しになっているので、私はいつからかその種の話は耳に入れておく程度にしています。他塾の評価についても同様ですね。事実として確実性の高いもの以外は捉え方の問題と思うようにしています。保護者の方のお話も、お子様のお話以外は耳に入れておく程度です。基本的にその場にいない人などの話は鵜呑みにはしません。相手を信じていないのではなくて、何に対しても個人として正しく判断を下したいというだけです。

 

そういうことより、塾生とその保護者の方から信頼されていれば素直に嬉しいですね。

 

私が遠藤保仁選手のような精神になれないのは、結局まだまだ自分のプレイ(指導)に自信がないからなんですよね。

正直に言って、「私の〜は世界最高」みたいなの、全くないですもんね。

 

ということで、冬期講習頑張りまーす!ブログの更新はできないと思いまーす!

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ロゴ

profilephoto

-

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM