問題を解く〜その参〜

  • 2017.12.14 Thursday
  • 16:00

ひっぱっても仕方ないので、その参です。

 

これこそ最も勉強らしいことですが、

頭を使って自力で問題を解き思考の訓練をするんですね。

 

「覚える」は勉強の準備。

「問題を解く〜その壱〜」は勉強の取り組み方ですね。

「問題を解く〜その弐〜」は結果へのつなげ方でしょうか。

 

その弐で説明したような、5秒あれば解ける問題は作業みたいなものなので、頭をほとんど使いません。

 

問題集などにある問題は、そんな問題ばかりではありません。

作業にできない問題。じっくり考えないと答えにたどり着かない問題もありますね。

そういう問題では、頭を使って自力で問題を解く過程で思考の訓練をするんです。

 

そのためには、事前の準備となるがっちりとした知識と、基本的な問題を正確にミスなく即答できる作業能力が必要となります。

要するに「簡単な問題を簡単に解く力」を武器にして、その武器を頭を使って自力で使いこなして問題を解いていくのが思考というものに近いですかね。

 

例えば、数学において、文字を使って表すことが不安があり方程式の計算に不安がある場合、中学生が自力で文章題を解ける可能性はグッと下がります。文章読んで思考をするための準備が不足し、答えまで自力でたどり着くだけの基礎力が不足しているからですね。

 

よく応用問題ができなくて…と悩んでおられる場合がありますが、

原因は基礎(知識・作業能力)が不安定であることがほとんどです。

そこを見直すことで、変化が表れると思いますよ。

 

ちなみに、私の個人的な考えでは、応用問題が応用問題なのは初めてその種の問題を解いたときだけを言います。解いたことがある種の問題は、基本を組み合わせて解くだけの標準問題くらいのイメージですね。標準問題は、基本問題と同程度に事前に鍛え上げられるものです。

 

勉強では、まず基本を身につけて、それで思考して応用問題を自力で解き、標準問題と思えるまで身につけることが、満足できる得点への近道ですね。じゅうぶん遠いんですけど…って感じですけど、それ以上の近道は、得点は取れたけど力はついてない…という後から大変な思い状況に陥ることが多いように思います。

 

カレーを作るためには、カレーのルーと野菜を切る技術が必要ですよね。ただ、お母さんといっしょに一度作っただけでは、自力でいつでもカレーが作れるようにはなれません。また、自力で作れるようになっても、最初はほんとに時間がかかってしまうと思うんですよ。お母さんは1時間でできるのに自分は2時間くらいかかっちゃう、みたいな。これじゃあお手伝いにならんから、何回も取り組むやることでテキパキできるようになりますよね。

 

勉強で標準問題までを身につける過程は、まぁこれと同じようなことです。(余計わかりにくいですか?)

 

さて、いくらかお役に立てたでしょうか。何か「次はこうしてみよう」というものが得られたでしょうか。

 

ただまぁ勉強に対してこういうことを小学生や中学生が自分でやりきるのは難しいところがありますね。質的にも、量的にも、必要な取り組み以下になることがほとんどです。自分でできる子もいるけど、自分だけではできない子のほうが多いのではないでしょうか。だからこそ塾があると思っています。だからこそ指導者が必要なのだと思っています。そして、こういうことは一朝一夕では身につかないことだから、成功したり失敗したりに寄り添い続けています。

 

 

シリーズものは、スタート切るのは簡単なんですがゴールするのが大変ですね…。この反省を活かして、今後は控えます(笑)

(実はこのシリーズであと2本記事を上げるつもりでしたが、また気が向いたらにします。)

 

 

今晩、中学2年生の保護者会があるんですよ。精一杯しゃべりらせていただきまーす!!!

 

 

 

問題を解く〜その弐〜

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 11:00

間が開いてしまいましたましたけど、その弐です。

 

わかっているのか覚えているのかを確認し、それを「できる」につなげるために問題を解く。

 

それと同時に身に着けていくべきなのは、作業能力ですね。

「作業」は、正確でミスなく速いことに最も価値があります。

(「勉強は作業」と言っているのではないですよ。)

 

まずは、正確でミスなく

 

計算であれば、手順はわかっていても、それだけでは正しい答えが得られないことが多いです。漢字で語句を答える問題であれば、練習が不足している状態では正しい漢字が書けないということが起こります。

 

いちいち意識しないとできない状態では、わかっているはずのことでも正確にやりきることができません。得点を上げていくには、ほとんど無意識に、当たり前にやれるように仕上げていかなければいけません。

 

そして、速いこと

 

一問一答みたいな問題では、2秒で答えがわかり、3秒で答えを書くくらいの速さで解くべきです。いちいち5秒もかけて答えを考え、いちいち答えを5秒もかけて書いているレベルでは使いものになりません。

 

理解や暗記の確認程度の問題は、正確にミスなく速く解いていく訓練をしておきましょう。

 

そのためには、ある程度以上の量の問題を解いていかなければならないでしょう。ある程度以上の量の問題を、時間がかからないように解けるようになることが大事です。正確にミスなく速く解けるようになっていれば、かなり仕上がっていると思っていいでしょう。

 

 

例えば、小学生・中学生が使っているリコーダーの、ドの音を出すこと。

 

最初は全ての穴をキチンとふさいで音を出すのも簡単ではありませんね。

 

では、何度かふさぎそこねて変な音を出しながら、きれいにドの音を出せたとします。それで満足してしまって、そのドの音を役に立てることはできますか?

 

いちいち意識しないと全ての穴をふさげない状態では、正確にドの音を出すことはできないでしょう。また、いちいちドの音を出すまでに時間がかかっていては、演奏では使いものになりません。

 

ほどんど無意識に当たり前にやれるように仕上げなければ、正確にドの音は出すことはできないでしょう。そして、レの音の次でも、ソの音の次でも、きれいにドの音を出せなければ使いものになりません。

 

だから、たくさん練習するんじゃないんですかね。何度も繰り返すでしょう。

 

曲のどのタイミングで求められても、正確にミスなくドの音を出すために。

 

 

それと同じことではないですか。勉強だけ、楽をしようとしてもうまくはいきません。自分ができるようになりたいことをできるようになるために、それなりの苦労をしたはずです。(それを苦労と感じるかどうかという差はあると思いますが。)何かを身に着けるために必要なことは、どんなことでもほとんど変わりませんよ。

 

 

ここまで、まとめておけば…

 

1 まずは覚えるべきことを覚える

2 問題を正確にミスなく速くを意識して解く

3 解き直しこそが勉強!と思って解き直す

 

どうですか?いきなり問題を解き始めて、ちんたらやって、〇つけしたら終わり、とかしてませんでしたか?

 

もうここまででも十分かと思いますが、その参へ続けまーす。

 

(別の件の記事をはさむかもしれませんが、気長にお待ち下さい。)

 

 

 

問題を解く〜その壱〜

  • 2017.12.08 Friday
  • 10:30

テスト勉強、めちゃくちゃ問題解いたのに…あんまり…な人いますね。

 

何でもそうですけど、

何も考えずにやってもほとんど効果はない

ということは常に頭の片隅においておいたほうがいいですね。

 

問題を解くことで確実に達成されることは、

ちゃんとわかってんのか、ちゃんと覚えてんのか、ハッキリするということ。

 

わかったつもりにバツがつき、覚えたつもりにバツがつきます。

ですので、前提として、わかってるはず、覚えてるはずの状態で始めなければいけません。

 

当たり前のことですが、答えとなるものを見ながらとか解くとか、調べて答えを書き写すなんて行為は、全く意味不明です。絶対にやめましょうね。問題を解くのは、わかってるはず、覚えてるはずの状態で始めなければいけません。

 

正しく問題を解くことで、ちゃんとわかってんのか覚えてんのかハッキリしますから、

自身の弱点や穴が見つかりますね。

自身の弱点や穴の見つけ逃しがないように、テスト範囲表を見てしっかりと問題を解きましょう。

過去問や予想問題みたいなもんだけによりかかってると、思わぬ弱点や穴を逃しますから気をつけましょう。

 

さて、ここで大事なことを。

問題を解くことで最も力がつくのは解き終えてからです。

 

何だか問題を解いて〇つけしたら賢くなった気がしますけど、それだけではほとんど変わっていません。だって、問題を解くことで確実に達成されることは、ちゃんとわかってんのか覚えてんのかハッキリするということなのですから。「あっ、弱点あった!」「ここが穴になってたかぁ〜。」って終わってたら、弱点は弱点のまま、穴は穴のまま。変わってないでしょう?

 

解き直しが大事!なのは、問題を頑張って解いた努力がそれによって生きてくるからです。弱点補強と穴埋めが解き直しですからね。これこそが勉強ですよ。

 

まずは問題解くのは、必ず「解く→〇つけ→解き直し」のワンセットでやりましょうね。

 

問題を解くことで得られるものはこれだけではありません。

そろそろ文章も長いので、これをその壱としておきますね。その弐に続きまーす。

 

 

 

覚える

  • 2017.12.07 Thursday
  • 23:00

もう直近の定期テストの結果は揃っているでしょうね。

 

よくできた人、まぁまぁな人、あまりできなかった人、残念だった人、いろいろでしょうね。

また、人それぞれによくできた、まぁまぁな、あまりできなかった、残念だった教科があることでしょう。

 

さぁ、ではあまりうまくいかなかった人に質問です。

 

あなたは【覚える】ためにどれくらいの時間をかけましたか。

 

覚えるべきことを覚えるきることなしに、テストで好結果は見込むことができません。

 

問題をひたすらに解いていても、覚えることはできません。解答を見ても、覚えることはできません。もちろん、赤ペンで答えを写すくらいで覚えられるわけがありません。

 

覚えるには、覚えるための時間を必ずとって、覚えるための取り組みをしないといけないのです。覚えるべきことは、やっているうちに自然と覚えられるくらい頻繁に出てくるものばかりではありませんからね。

 

「覚えていない」「忘れている」ことに気がついたら、そのたびに「覚える」「覚えなおす」時間が必要です。

 

それをサボっていませんでしたか?覚えるのは負担がかかりますからね。サボる気持ちもわかります。

だけど、勉強をしている理由が「結果を出したいから」なのであれば、そこをサボってはいけません。

 

そして、最も頑張るべきは、とにかくサッサと覚えてしまうことです。

 

「早くに覚えてもどうせ忘れてしまうから」という言い逃れは、忘れてしまう程度の覚え方をしようとしているのがそもそも問題ですね。

 

早く覚えてしまえば、問題を解けば解くほどに反復をすることができます。

早く覚えてしまえば、忘れてしまわないくらい反復する機会に恵まれるのです。

 

ちなみに、覚えてもないのに同じような問題を繰り返し解いても無駄です。

反復は正しい行動を繰り返すことに意味があります。

正しく答えを出せる状態になってからでなければ意味はありません。

要するに、知識を問うものに関しては覚えてからでないと意味はないということです。

 

手段はなんでもいいので、とにかく覚えるべきことは覚えてしまいましょう。

 

「覚えられへん!」って言ってる時間を、まずはしっかり覚える時間にあてましょうね。

 

 

 

勉強のやり方がわかってない

  • 2017.12.07 Thursday
  • 02:00

「勉強のやり方がわかっていない」って言葉を聞きますが…

だったら、そう思う人が勉強のやり方を教えてあげればいいと思うんです。

 

学業がうまくいっていない理由が「勉強のやり方がわかっていない」のであれば、

学業がうまくいっていないわけではない人がそのやり方を教えればいいと思うんです。

 

で、いったい何を教えるのでしょうか?

 

勉強のやり方ってなんでしょうか。そもそも、そんな特別な技能なのでしょうか。

 

要するに、「わかる」「覚える」「できる」ができればいいんですよね。

 

「わかる」ようになろうとしてますか?

「覚える」までやってますか?

「できる」までやりきってますか?

 

賢いと思われる子は、それを徹底しているだけですよ。

「わかる」ようになろうとして、「覚える」までやって、「できる」までやりきる。

わからなければ質問に来るし、覚えられるまで繰り返すし、自分でできるかを必ず確認する。

 

「わかる」「覚える」ことから逃げて、たくさん問題を解くだけではうまくいかないです。

間違えた問題を「できる」までやりきらず、ほったらかしてたらうまくいかないです。

 

ごちゃごちゃ言わずに、とにかく「わかる」まで、「覚える」まで、「できる」までやればいい。

やるべきことをやってないのに、「勉強のやり方がわかってない」なんて言葉で甘やかしてたらダメです。

 

【とにかく「わかる」まで、「覚える」まで、「できる」までやる】という覚悟を決めて行動すれば、「勉強のやり方がわかってない」という状況からはそのうち脱却することでしょう。

 

 

 

インフルエンザ

  • 2017.12.02 Saturday
  • 09:40

そろそろ流行しだすみたいですね。インフルエンザ。

 

まともな塾であれば先生は予防接種が義務づけられます。

少なくとも受験学年担当の先生には。(それだけで意味があるかは謎。)

 

子どもも少なくとも受験学年の子は受けておくといいですね。

子どもは大人よりも予防に無頓着だったりしますので。

小学校・中学校は比較的蔓延しやすかったりしますし。

 

受験の日なんかにかかっちゃうともう大変ですからね。

私も直接の教え子が入試の日にインフルエンザで保健室受験をしたこともあります。

「決して自分の身には起こらないこと」でもなんでもないですからね。

 

理由はわからないんですが、私はここ15年以上はインフルエンザにかかっていません。

別に人里離れた山奥に住んでいるわけでも、自室に引きこもっているわけでもないんですが。

 

とりあえず予防接種は毎年受けていますね。今年も先日受けてきました。

 

まぁもちろん予防はします。

環境に応じて事前にマスクを準備したり、手洗いうがいをきちんとしたりね。

まぁ、その程度なんですけど、最も効果が高いような気もしています。

 

塾内も、加湿空気清浄機は使っています。全ての教室においています。

人を集める場所にその程度の配慮があることは、当然ですけどね。

(うちは塾ができて1年くらいはまだ加湿器だけでしたけどね。)

 

ただ、私が以前勤めていた塾にはありませんでしたね。

どうしてはるんですかね、他の塾さんは。当たり前ですけど、安全と健康からですよね。

そのへんの優先順位を間違えない先生のいるところは、安心と信頼ができそうですよね。

 

今日からグッと寒くなるようです。十分に備えて健康的に過ごしましょう。

 

 

 

 

新中1枚中進学直前コース

  • 2017.11.25 Saturday
  • 08:12

このブログは11/25/8:00のご案内を項目ごとに分けたものです。

 

☆新中1枚中進学直前コース 対象:小6

 

 

 小6:時間:16:50~18:00 月額:10,500円

 内容:英語:中学1年生1学期の内容:数学:正負の数
 日程:1月10日(水)~3月14日(水)の月・水・木

 

 

  Sakura塾の小6コースは、中学1年生の内容の指導の1回目を小学6年生の3学期に実施します。中学1年生になってからもう一度同じ範囲の指導をしますが、1回目と2回目では理解や定着が大きく異なります。中学生になってからが不安…なのであれば、少し早くスタートを。それだけで、その不安は大きく解消されることでしょう。上記のコースは、小6の冬期講習から連動しています。小6冬期講習は冬期講習生だけの特別クラスで実施し、冬期講習終了後に塾生クラスに合流します。冬期講習から参加することで無理なく学習を進めていくことができます。

 

  まずはお電話・webでご相談・お申込み下さい!

 

  12月16日(土)10:30~11:40の冬期講習説明会にご参加下さい。

   上記、冬期講習説明会はご都合が合わない場合は個別説明会をさせていただきます。

 

 

  冬期講習に参加→三者懇談

 

 ぁ米塾をご希望の場合は)冬期講習後、継続で通塾スタート!

 

  このコースを始めてからSakura塾生の中学生への移行がほんとうにスムーズになりました。中学生になっていくのにより適切な階段を上って進むことができますので、大きな躓きがなくなります(小さな躓きはありますし、必要なものです)。あまり周知されていませんが、中学1年生の1学期内容は、英数ともに今後の土台となる大切な内容です。「とりあえず定期テストの結果を見てから…」で大きな損失をして、後から大きな苦労をする中学生が毎年たくさん出てきます。半年程度の違いですが、半年では取り返せないくらいの差がつきます。ぜひ、ご検討下さい。

 

 

Sakura塾の冬期講習

  • 2017.11.25 Saturday
  • 08:11

このブログは11/25/8:00のご案内を項目ごとに分けたものです。

 

☆Sakura塾の冬期講習 対象:小5・小6・中1・中2

 

 小5:時間:14:30~15:30:費用:3,000円

 内容:国語:主語と述語
 日程:12月26日(火)、28日(木)、1月5日(金)

 

 

 小6:時間:14:20~15:30:費用:5,000円

 内容:英語:アルファベットから:算数:分数の計算
 日程:12月25日(月)、27日(水)、29日(金)、1月4日(木)、6日(土)
  
 中1:時間:19:10~22:00:費用:10,000円
 内容:英語:一般動詞の過去形:数学:空間図形
 日程:12月25日(月)、27日(水)、28日(木)、1月4日(木)、6日(土)

 

 

 中2:時間:19:10~22:00:費用:10,000円

 内容:英語:受動態:数学:場合の数・確率
 日程:12月26日(火)、27日(水)、29日(金)、1月5日(金)、6日(土)

 

 

  外部講習生としてSakura塾の授業に参加できます。学校が休みの期間の学習、また、入塾のお試し期間としてもどうぞ。

 

  まずはお電話・webでご相談・お申込み下さい!

 

  12月16日(土)10:30~11:40の冬期講習説明会にご参加下さい。

   上記、冬期講習説明会はご都合が合わない場合は個別説明会をさせていただきます。

 

 

  冬期講習に参加→三者懇談

 

 ぁ米塾をご希望の場合は)冬期講習後、継続で通塾スタート!

 

  次の学年からは結果を出していきたいのであれば、次の学年になってから始めていては少し遅いです。何事も始めてから結果が伴うには時間がかかります。勉強の場合も3ヵ月から半年程度は見込んでおいた方がいいです。その意味で、冬期講習から始めることは次の学年から結果を出すためにいい時期となりえます。

 

 

Sakura塾の冬から入塾

  • 2017.11.25 Saturday
  • 08:10

このブログは11/25/8:00のご案内を項目ごとに分けたものです。

 

☆Sakura塾の冬から入塾 対象:中1・中2

 

  冬期講習から塾生として通塾を開始するための制度です。

 

  まずはお電話・webでご相談・お申込み下さい!

 

  12月4日(月)~12月14日(木)の期間、下記のいずれかの日程で一日無料体験入塾

   中1は4日(月)、6日(水)、9日(土)、11日、(月)、13日(水)
   中2は5日(火)、7日(木)、9日(土)、12日、(火)、14日(木)
   両学年とも時間は19:10~22:00となります。

 

 

  三者懇談

 

 ぁ米塾をご希望の場合は)12月25日(月)より通塾スタート!

 

  講習生という「外部のお客様」として授業を受けるより、「Sakura塾生」として授業を受けるほうが気合が入るのは当然です。入塾を積極的に考えている場合は、冬期講習期間もより積極的に学習に取り組めるこちらの制度をご利用下さい。

 

 

 

 

 

冬から入塾&冬期講習

  • 2017.11.25 Saturday
  • 08:00

こちらでは大幅に案内が遅れましたが、冬から入塾&冬期講習のご案内をさせていただきます。

なぜ遅れたかって、チラシを出すかどうかを悩んでいたんですよね。

いろいろ考えて今回はチラシを出さないことにしましたので、ご案内はこちらのブログとホームページのみです。

 

ということで、このブログをもってSakura塾も冬から入塾&冬期講習の募集を開始致します!

ご覧のみなさま、ぜひぜひ「募集始まったよー!」とご宣伝下さい☆

チラシを入れない今回は、それが全てなんです!よろしくお願いしまーす!

 

 

☆Sakura塾の冬から入塾 対象:中1・中2

 

  冬期講習から塾生として通塾を開始するための制度です。

 

  まずはお電話・webでご相談・お申込み下さい!

 

  12月4日(月)~12月14日(木)の期間、下記のいずれかの日程で一日無料体験入塾

   中1は4日(月)、6日(水)、9日(土)、11日、(月)、13日(水)
   中2は5日(火)、7日(木)、9日(土)、12日、(火)、14日(木)
   両学年とも時間は19:10~22:00となります。

 

 

  三者懇談

 

 ぁ米塾をご希望の場合は)12月25日(月)より通塾スタート!

 

  講習生という「外部のお客様」として授業を受けるより、「Sakura塾生」として授業を受けるほうが気合が入るのは当然です。入塾を積極的に考えている場合は、冬期講習期間もより積極的に学習に取り組めるこちらの制度をご利用下さい。

 

 

 

 

☆Sakura塾の冬期講習 対象:小5・小6・中1・中2

 

 小5:時間:14:30~15:30:費用:3,000円

 内容:国語:主語と述語
 日程:12月26日(火)、28日(木)、1月5日(金)

 

 

 小6:時間:14:20~15:30:費用:5,000円

 内容:英語:アルファベットから:算数:分数の計算
 日程:12月25日(月)、27日(水)、29日(金)、1月4日(木)、6日(土)
  
 中1:時間:19:10~22:00:費用:10,000円
 内容:英語:一般動詞の過去形:数学:空間図形
 日程:12月25日(月)、27日(水)、28日(木)、1月4日(木)、6日(土)

 

 

 中2:時間:19:10~22:00:費用:10,000円

 内容:英語:受動態:数学:場合の数・確率
 日程:12月26日(火)、27日(水)、29日(金)、1月5日(金)、6日(土)

 

 

  外部講習生としてSakura塾の授業に参加できます。学校が休みの期間の学習、また、入塾のお試し期間としてもどうぞ。

 

  まずはお電話・webでご相談・お申込み下さい!

 

  12月16日(土)10:30~11:40の冬期講習説明会にご参加下さい。

   上記、冬期講習説明会はご都合が合わない場合は個別説明会をさせていただきます。

 

 

  冬期講習に参加→三者懇談

 

 ぁ米塾をご希望の場合は)冬期講習後、継続で通塾スタート!

 

  次の学年からは結果を出していきたいのであれば、次の学年になってから始めていては少し遅いです。何事も始めてから結果が伴うには時間がかかります。勉強の場合も3ヵ月から半年程度は見込んでおいた方がいいです。その意味で、冬期講習から始めることは次の学年から結果を出すためにいい時期となりえます。

 

☆新中1枚中進学直前コース 対象:小6

 

 小6:時間:16:50~18:00 月額:10,500円

 内容:英語:中学1年生1学期の内容:数学:正負の数
 日程:1月10日(水)~3月15日(木)の月・水・木

 

 

  Sakura塾の小6コースは、中学1年生の内容の指導の1回目を小学6年生の3学期に実施します。中学1年生になってからもう一度同じ範囲の指導をしますが、1回目と2回目では理解や定着が大きく異なります。中学生になってからが不安…なのであれば、少し早くスタートを。それだけで、その不安は大きく解消されることでしょう。上記のコースは、小6の冬期講習から連動しています。小6冬期講習は冬期講習生だけの特別クラスで実施し、冬期講習終了後に塾生クラスに合流します。冬期講習から参加することで無理なく学習を進めていくことができます。

 

  まずはお電話・webでご相談・お申込み下さい!

 

  12月16日(土)10:30~11:40の冬期講習説明会にご参加下さい。

   上記、冬期講習説明会はご都合が合わない場合は個別説明会をさせていただきます。

 

 

  冬期講習に参加→三者懇談

 

 ぁ米塾をご希望の場合は)冬期講習後、継続で通塾スタート!

 

  このコースを始めてからSakura塾生の中学生への移行がほんとうにスムーズになりました。中学生になっていくのにより適切な階段を上って進むことができますので、大きな躓きがなくなります(小さな躓きはありますし、必要なものです)。あまり周知されていませんが、中学1年生の1学期内容は、英数ともに今後の土台となる大切な内容です。「とりあえず定期テストの結果を見てから…」で大きな損失をして、後から大きな苦労をする中学生が毎年たくさん出てきます。半年程度の違いですが、半年では取り返せないくらいの差がつきます。ぜひ、ご検討下さい。

 

 

 

ということで、みなさまよろしくお願いします!

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ロゴ

profilephoto

-

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM