覚える

  • 2017.12.07 Thursday
  • 23:00

もう直近の定期テストの結果は揃っているでしょうね。

 

よくできた人、まぁまぁな人、あまりできなかった人、残念だった人、いろいろでしょうね。

また、人それぞれによくできた、まぁまぁな、あまりできなかった、残念だった教科があることでしょう。

 

さぁ、ではあまりうまくいかなかった人に質問です。

 

あなたは【覚える】ためにどれくらいの時間をかけましたか。

 

覚えるべきことを覚えるきることなしに、テストで好結果は見込むことができません。

 

問題をひたすらに解いていても、覚えることはできません。解答を見ても、覚えることはできません。もちろん、赤ペンで答えを写すくらいで覚えられるわけがありません。

 

覚えるには、覚えるための時間を必ずとって、覚えるための取り組みをしないといけないのです。覚えるべきことは、やっているうちに自然と覚えられるくらい頻繁に出てくるものばかりではありませんからね。

 

「覚えていない」「忘れている」ことに気がついたら、そのたびに「覚える」「覚えなおす」時間が必要です。

 

それをサボっていませんでしたか?覚えるのは負担がかかりますからね。サボる気持ちもわかります。

だけど、勉強をしている理由が「結果を出したいから」なのであれば、そこをサボってはいけません。

 

そして、最も頑張るべきは、とにかくサッサと覚えてしまうことです。

 

「早くに覚えてもどうせ忘れてしまうから」という言い逃れは、忘れてしまう程度の覚え方をしようとしているのがそもそも問題ですね。

 

早く覚えてしまえば、問題を解けば解くほどに反復をすることができます。

早く覚えてしまえば、忘れてしまわないくらい反復する機会に恵まれるのです。

 

ちなみに、覚えてもないのに同じような問題を繰り返し解いても無駄です。

反復は正しい行動を繰り返すことに意味があります。

正しく答えを出せる状態になってからでなければ意味はありません。

要するに、知識を問うものに関しては覚えてからでないと意味はないということです。

 

手段はなんでもいいので、とにかく覚えるべきことは覚えてしまいましょう。

 

「覚えられへん!」って言ってる時間を、まずはしっかり覚える時間にあてましょうね。

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ロゴ

profilephoto

-

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM