ガンバ大阪VSコンサドーレ札幌

  • 2018.08.19 Sunday
  • 04:43

8/15にJリーグの試合を見てきたんですよ。

 

ガンバ大阪VSコンサドーレ札幌

サッカー観戦は遠い昔に日本代表VSアルゼンチン代表を見て以来の2回目です。

 

場所はパナソニックスタジアム吹田。

どうやら日本で一番サッカーの試合が見やすいらしいです。

確かに、ピッチまでがものすごく近くて見やすいスタジアムなのかもしれません。

(比較対象がないので…観戦に不満は全くありませんでした。)

 

別にファンというわけでもないんですが、とりあえずホームチームのガンバ大阪を応援する感じで行きました。

今、ガンバ大坂はJ1という国内最高リーグでやってますけど、J2という下のリーグに落ちかけてるんですよね〜。

 

 

やっぱりねぇ、実際に体感してみないとわからないことって多いですよね。

 

「わざわざ高いお金払って実際に見ることってそんなにいいもんなん?」と思ってましたけど、これはこれで確かにテレビで見るよりプレイ1つ1つに興奮していいかもなって思いましたね。

 

「ホーム&アウェーってそんなに違う?本拠地でやるだけでそんなに有利になる?」とか思ってましたけど、演出とか応援の差を実際に見たら納得してしまいましたね。

 

「サポーターって何やねん。ファンやろ?」って思ってましたけど、応援っぷり見てたら「うん、チームをサポートしてるわ」って感じましたね。てゆうか、コンサドーレ札幌にガンバサポーターからめちゃくちゃ嫌われてる選手いましたね。ブーイングがすごい。

 

ということで、私は「うわ〜遠藤が目の前!」「宮本が監督ーっ!」「おー!小野伸二(札幌)出てきたーっ!」と、一世代前の人間丸出しでテンション上がってました。

 

 

 

ふと考えてたんですけど、サッカーキッズやその親が、指導者に「君なら(お子さんなら)J2のチームでレギュラーになれるくらい上手になれるよ(なれますよ)!」って言われたらどんな気持ちになりますかね。

 

きっと指導者は「今のレベルからJ2のチームでレギュラーになれるなんてものすごく成長できるってことですよ!」みたいな気持ちで、喜んでもらうくらいの思いで言ってると思うんですよね。

 

でも、サッカーキッズやその親は別に喜ばないと思うんですよ。「あぁ、はい。J2で、ですか?」みたいな気持ちにきっとなりますよね。ちょっとがっかりするくらいの勢いですよね。だって「国内最高リーグは無理です。」と言われているようなもんですからね。(J2はダメと言いたいわけではありません。ご理解下さい。)

 

もちろん指導者の目からすれば、「今の状態からJ2って、すごいことですよ!」って感じなんだろうし、それを指導者同士で話しているのはいいと思うんですけど、ある意味で素人である人間にはそういうことは言わない方が懸命かなと思いますね。それを聞いてしまうことで「そこまでの才能しかないんや」ってすりこまれてしまって、そこからの成長を阻害する可能性がありますしね。親も「お子さんの限界はこのくらいですよ」みたいに言われるのは、ちょっと気分のいいことではないですしね。

 

もちろん時間が限られていれば話は別です。サッカーキッズって呼べるくらい、たくさんの時間があって可能性なんてどれくらい広がるかわからない相手に対しては、ということです。

 

ついつい自身に見る目があるとアピールするかのように言ってしまったりすんでしょうけど、私自身はそういうことのないようにしたいですね。まぁ、「先のことはわからん」って常日頃から思っている私の口からはでることはなさそうですけど。

 

 

 

ちなみに試合はPKで先制したガンバ大阪が逃げ切りで勝利!

かと思いきや、後半ロスタイムに追いつかれて引き分け!

 

やはり勝負事はギリギリまでわかりません

さて、夏期ももう終わりに近づいていますが、こちらもギリギリまでわかりませんよ。

 

まずは最後まで走りきりましょうね。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ロゴ

profilephoto

-

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM