起業した会社が10年後に残っている確率は5%

  • 2018.08.27 Monday
  • 01:15

「えっ、あそこなくなったんや。」「あっ、なんか新しいお店できてる〜。」こんなことはよくありますね。

 

Sakura塾もできたころは、「あっ、こんなところに塾できてる〜。」と思われていたことでしょう。

 

地域の塾だけでも、Sakura塾ができた後にできたところもなくなったところもありますね。

 

最近ではこの夏ですかね?新石切駅のすぐ近くのビルにあった塾が、別の塾にコロッと変わっていました。

 

 

私もそのへんについてはぼんやりと考えますよ。

 

「いつまでやれんのかな〜。いつまでやってんのかな〜。」って。

 

もちろんやめたいわけではないですよ。でもやりたければ続けられるというわけではないですからね。

 

Sakura塾が必要とされなくなる可能性もありますし、私の体がもたなくなる可能性もありますし。

 

 

1つ思っているのは、「お金のことをすぐに考えないといけなくなったらやめる」ってことですね。

 

「この春に何人入塾してくれないと金銭的に厳しい…」「これ以上塾生に辞められたら生活が…」

 

とか考えないといけなくなったら、やめると思います。

 

私自身はそういうことを考えだしたら、いい指導ができなくなると思うんですよね。

 

指導にだって心配事がいっぱいあるのに、そういう面まで心配事を抱えたら続かないですね。

 

 

端的にすると「お金のために仕事をするけど、お金のために仕事をするとダメになる」という禅問答のようなことを言っていますね。

 

 

なんだかこんなふうに書くと「儲かってる」とか思われるかもしれないですが、全然そんなことないです。

 

ありがたいことに、塾生の指導につながる投資に困らない程度には保護者のみなさまにご協力いただいております。

 

言ってしまえば、「塾講師」という仕事で生活はできますが儲けるなんてことはできないです。

 

 

さぁ、5%の生き残りになるまであと何年でしょうかね。まぁ、そんなこと気にせず日々頑張りますけどねっ。

 

 

ちなみに、もしSakura塾をやめたらどうするの?ってことですが、まぁたぶん雇われ塾講師になるでしょうね。生活もありますし、どこでも即戦力になる自信もありますし。

 

ということで、「もしそうなったらうちに来て!」という塾のみなさんのご連絡をお待ちしております☆

 

 

まぁいったい何を書いているのかほんとによくわかりませんが、まとめると「Sakura塾が続いているのは関わって下さるみなさまのおかげです」ということですね。

 

それでは、これからもひたすらに塾生の指導に集中させていただきます。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ロゴ

profilephoto

-

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM