数字に振り回される

  • 2018.10.22 Monday
  • 10:45

もうすぐ冬期講習などに向けてのチラシが出回り始めます。

 

それには、たくさんの数字が踊り、多くの人の目を奪います。

 

それだけ、数字には人を心をひきつける客観性が備わっているからでしょう。

 

でも、我が子を見ながら「人の魅力は数字で表せるものばかりではない。」とは思いませんか?

 

「この数字がもの語っている通りあなたのお子さんはダメです。」と言われても、「はぁ?それが全てじゃないでしょう。」と思う方は多いことでしょう。

 

ただ、そのはずなのに、いざ我が子の定期テストの点数なんかを見るとその数字だけに振り回されてはいませんか?

 

点数が上がれば頑張っていて、点数が下がれば頑張っていない。点数が変わらなければ変わっていない。

 

そう思ってしまってはいないでしょうか。そう思って言葉を放ってしまってはいないでしょうか。

 

責めているんじゃないんですよ。そうなってしまうのも親心ってことなんですよね。

 

他の保護者さんがやっていると「そんなふうに言わんでも…」と思うのに、我が子にはつい…ね。

 

しかし、点数だけで言葉を放つと、「中身なくてもとにかく結果」を求めるようになっていってしまいそうではありませんか?

 

一言でお伝えするなら、伸びはすぐに数字には表れません。

 

短絡的に結果ばかりを求めると、伸びているけどそれが結果に表れない時期に心が折れてしまうでしょう。

 

結果が出なければその過程には全く意味がないというように思いが植えつけられると、結果が出ない可能性があると思った時点で放棄するようになります。

 

我が子に求めているのは、数字だけですか?伸びを伴った数字ですか?

 

私が塾生たちに求めているのは後者です。

 

多くの保護者のみなさまも、同じ思いのような気がしています。

 

だから、伸びていく過程をいっしょに大事にしてあげていただけると嬉しいんですよね。

 

うまくいったり、失敗したりしながら、子どもが伸びているならそれが1番いいんじゃないでしょうか。

 

(私自身が子どもたちの結果が出るように導くことを放棄しているわけではないのでご安心下さい。)

 

 

 

コメント
数字は厄介ですね。
わかっちゃいるけど、点数や順位。
常に変動があるものだし、他人の事ならおおらかに見守ることが出来ても、我が子の将来を案じてしまい、穏やかではいられません。
試練ですね。
  • ないものねだり
  • 2018/10/22 4:17 PM
ないものねだり様

コメントありがとうございます。
なんだかんだで数字はどうしてもインパクトがありますね。
まさにおっしゃるとおり「わかっちゃいるけど」となりますよね。

ただ、その数字が出るまでにいろいろと頑張っている子どもの姿を想像して、認めてあげたいですね。
  • たくま
  • 2018/10/28 9:46 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ロゴ

profilephoto

-

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM