根性論

  • 2019.01.08 Tuesday
  • 22:50

根性論ってのは何でも気合や根性でどうにかする的なことだと思うんですけど、私は好きじゃないです。

 

無理なもんは無理ですから。

 

 

私はノロウィルスに侵されて症状が出だしたら、普通に立っていることすらできないです。

 

私はボクシングのスパーリングをしても、3ラウンドすらパンチを打ち続けることができないです。

 

気合と根性で何とかしろと言われても、どうやっても体が動かないんですよ。

 

 

だからと言って、気合や根性が必要ないとは思いません。

 

気合ゼロの根性なしでは、どう考えたっていろいろと支障があるでしょうから。

 

 

気合と根性でね、どうにかできることとできないことというか、できる範囲とできない範囲がありますよね。

 

気合と根性でできないことやできない範囲ってのはどうしても存在するから、それについてはどうにもならない。

 

 

でも、気合と根性でできることを増やさないと、気合と根性でできる範囲を広げないと、いろいろと支障がある。

 

その、気合と根性でできることを増やし、気合と根性でできる範囲を広げるために必要なことが、「鍛えること」だと思っています。

 

 

それは身体的な鍛えはもちろんですけど、精神的な鍛えも必要になってきます。

 

心身両面を鍛えることが、最も塾生のためになると思って日々指導しています。

 

鍛えてるんですから、塾生は「しんどいな」って思うことも当たり前にありますよ。

 

まぁ、さじ加減がすごく難しくて、私が「しんどいな」って思うことも多いんですけどね。

 

 

ここはボクシングジムでも空手道場でもないですけど、私は日々、塾生に「強くなれ」って思ってます。

 

生きる上で様々な難局を乗り越えていける力が「心身の強さ」だと思いますからね。

 

 

 

DEAR BOYS

  • 2019.01.07 Monday
  • 11:10

 

「スラムダンク」「黒子のバスケ」という超人気バスケ漫画がありますが、私の1番好きなバスケ漫画は「DEAR BOYSシリーズ」です。もちろん「スラムダンク」も「黒子のバスケ」も好きですけどね。

 

「DEAR BOYSシリーズ」は「DEAR BOYS」「DEAR BOYS ACT供廖DEAR BOYS ACT掘廚粘扱襪靴泙靴拭(と思ってたら続編の「DEAR BOYS ACT検廚力∈椶スタートしてました。)それぞれに絵がけっこう違ってて、「DEAR BOYS」はもう絵の雰囲気が古いし、キャラが違い過ぎてて前半は見てられないくらいです。でも、この「DEAR BOYS」の話があるから「DEAR BOYS ACT供廖DEAR BOYS ACT掘廚魯疋薀泙あってめちゃくちゃ感動するんですよ。ちなみに「DEAR BOYS ACT掘廚21巻あって2試合しか収録されていません。でも、その2試合の中に胸にグッとくるシーンがいっぱい描かれてるんですよねぇ。

 

 

とまぁこんな風に私が書いてもね「いやいやスラムダンク最高やろ!」「黒子のバスケの魅力をわかってないわ!!」なんて意見がありますよね。それでいいと思うんですよ。それぞれにね、それの価値は自分で決めたらいいんですよ。

 

なんか近頃は口コミ的なものに振り回され過ぎじゃないですかね。それに価値を見出すかどうかは自分自身のはずでしょう。

 

口コミなんて玉石混淆もいいところですよ。例えば「DEAR BOYSシリーズ」を読んでもないのに「スラムダンクが最高」とか普通に言いますよね。「DEAR BOYS」しか読んでないのに、「黒子のバスケのほうがおもしろかった」「「DEAR BOYSシリーズ」全然おもんない」とか平気で言いますよね。

 

私だって「スラムダンク」しか読んでなかったら「スラムダンクが最高」です。比べようがないですからね。「DEAR BOYS」しか読んでなかったら「黒子のバスケのほうがおもしろかった」って言いますよ。完結と未完結では、完結してるほうがおもしろいと感じられる場合が多いですから。

 

 

入り口として口コミを参考にはしてみてもいいとは思います。

ただ、あらゆるものの価値は自分で判断して決めたほうがいいですよ。間違いがないです。

 

 

 

いつでも当たり前に

  • 2019.01.05 Saturday
  • 08:15

少しずつ、平日というか当たり前の日々に戻りつつあります。

 

年末年始休み明けは当たり前の日々に戻るのに時間がかかる様子がありますね。

 

寒いからエンジンのかかりが悪いのかな?

非日常感のあるイベントがあるからかな?

 

まぁ、大人も大半がそうなんで、子どもだけがそれを責められる必要はないですね。

 

いつでも当たり前に続けることが素晴らしいという考え方があります。

 

定期テスト最終日の夜もいつも通り普通に勉強する。

運動会の日やクリスマスでもいつも通り普通に勉強する。

だから、年末年始も当たり前にいつも通り勉強しよう的な。

 

「いいことですね」とも思いますが、私は正直言ってどっちでもいいです。

何かのタイミングで一息ついて、また再スタート切ってもいいと思います。

 

そのかわり、当たり前の状態でスタートを切る必要はありますね。

 

仮に、当たり前の状態が「3」で、年末年始が5日間あるとして。

 

最初の3日間はしっかり休むつもりで「0」にすると。

 

だったら、4日目には「1」、5日目には「2」と少しずつエンジンをかける。

 

そして、再スタートを切る日にはきちんと「3」の状態でやれるようにしたほうがいいですね。

 

それが上手にできないのであれば、やっぱりいつでも当たり前に続けて「3」を維持するほうがいいんでしょうね。

 

人それぞれなことは、どっちだっていいでしょう。うまくやれているのであれば。絶対的にどっちがいいとかはない。

 

 

まぁ、自分の人生かかった勝負が目前にひかえてる人は、こんなこと言ってる場合じゃないですけどね。

 

 

さぁ、今日も元気にいきましょう!!!

 

 

 

おはようございます。

  • 2019.01.04 Friday
  • 06:45

2019年、Sakura塾は今日から授業でございます。

 

 

今日、私は少々寝坊してしまったんですが、今日からお仕事のみなさんはそうなっていないことをお祈りしております。

 

寝坊してこの時間にブログ書いてるって、「何時に活動開始するつもりだったんだよ。」って感じですかね。

 

 

私は毎年、年末に高校時代の同級生たちと会います。

 

そこで聞かれたので自分の仕事の現状とこれからについてなんとなく話してたんですが、自分で話しながら「あぁ、こんなふうに考えてるんだな〜」って改めて思いました。

 

言語化していくと、何となくだった自分の考えがはっきりしていくのがいいですね。何となく思っていたより、先のこともぼんやりと考えていることに気づきました。

 

まぁ、考えてるだけじゃダメなんで、今日からしっかり行動していこうと思います。

 

 

と、ぶつぶつ言いながらもこういう長期休暇明けはその日をしっかりやる以外のこと考えてないんですけどね!寝坊しとるわけしやし!

 

ということで、本日もご機嫌よくまいりましょう!!!

 

 

塵も積もれば

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 06:20

例えば、英単語を1週間で70個覚えるのは大変だし、テストをしても満点の子はほとんど出ません。でも、英単語を1日に10個ずつ覚えることは、1日だけを見れば難しくないし、テストで満点も取れるでしょう。なんでできなくなるかって、1週間与えられても、前日から70個覚えるようなことをするからです。

 

例えば、中学生の冬休みの宿題はけっこうな量あるし、提出日に間に合わない子もいることでしょう。ただ、それ冬休みの全日数で割って1日分を見たときに、提出日に間に合わせられないほどのものなのかって聞かれたら、そうでもないと思うんですよ。正確に量は知らないですけど、冬休みが2週間やったとして、1日に1時間半もやれば終わるんじゃないでしょうか。それを提出の3日前から1日7時間のペースでやろうとするから無理があるんだと思います。

 

まとめて頑張るのって無駄にしんどいんですよ。そのしんどさの割に、大して結果もよくならない。実力は一切つかない。一夜漬けと呼ばれるものがいい例でしょう。しんどいし、結果もしれてるし、実力なんてつくはずがない。

 

 

目前のものばかりどうにかするようなあり方では、しんどいだけですし、大した力はつきません。結果的に100しなければならない場合に、こなした量は同じでも「50ずつ2日」と「5ずつ20日」では力のつき方に大差がつくことでしょう。

 

 

例えば、1日に漢字を5個だけ覚える。

 

「それだけなら余裕やわ。」って思うでしょう。

 

1日あたりの勉強も、頑張ってるように見えない。

 

「もう終わり?たったそれだけでいいの?」みたいな。

 

でも、そんな塵のような努力でも、1年後には漢検準2級に挑戦できる数になります。

 

 

塵も積もれば山となる。これを実践するしないで時間とともに大きな差になるでしょう。

 

何の分野においても、生きているだけで差がつき続ける状態になりますね。

 

 

何の話かって、私自身が塵を積もらせるような努力をしようと思ってるって話でしたー!

 

みなさんもどうですか???

 

 

 

 

あけおめ。

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 05:27

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 

昨年はいろいろとチャレンジしましたが、成功した部分もあり失敗した部分もありといったところでした。

 

チャレンジしたことは成功なんだけど、それをうまく扱いきれなかった感じでしょうか。

 

正直言いまして、この1年で「気合と根性だけでどうにかできる体ではなくなってきた」とはっきり感じましたので、そのへんはうまいことバランスとりながらやっていきたいと思います。

 

また、理想がより高くなったせいで現実との差が開いてしまったように感じるので、今年はその差を縮めたいと思います。

 

今年もでかい口を叩く前にまずは自分の目の届く範囲の人々の幸せために精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

すごい先生

  • 2018.12.31 Monday
  • 06:00

2018年の最終日ですね。

 

 

今年のSakura塾ニュースと言えば、Sakura飛び級・Sakura咲くプロジェクトの開始でしょうか。

 

こういう大きな変化があると、いいこともあれば悪いこともあるもので、まさにそんな感じの1年でした。

 

もちろん、始めたことに関しては後悔もないですし、これからもっと良くなる確信もありますよ。

 

スタートできたことには大満足ですね。

 

ただ、やっていることのポテンシャルを引き出すのは「まだまだこれから」といったところ。

 

 

個人的には前半は過去最高にハイペースに生きていたけど、後半はかなり失速感がありました。

 

後半の後半はいろんなことに憤り、最終的に自分自身に対して最も憤るということとなりましたね。

 

 

いくら身を削ってやっても中傷されるような日々って感じで、作り上げられた先入観というのはしんどいなという感じでした。

 

ただ結局はそういうしんどい渦に巻き込まれることも、理不尽を凌駕できなかったり自己満足な関わりを無視できなかったりすることも、まだまだ力不足な自分のせいだって思うんです。

 

そんなこんなでテンションが最もローな状態にある自分をリセットをするために、きのう(12月30日)だけは、何もかもを忘れて好きに生きました。

 

なんとダメな一日を過ごしたんだろう…と思っていますけど、そういう日が必要だったんですね。

 

 

ということで、憤るのは2018年末でやめにして、2019年から1年間、私は「すごい先生」を目指して頑張ろうと思います。

 

塾の先生である私がどうなれば「すごい先生」になれるか。それは「塾生がすごい」となればいいんですよね。

 

「塾生がすごい」となれば、塾生は「通ってよかった」、その保護者は「通わせてよかった」となりますよね。

 

簡単に言えば「Sakura塾に関わる人々が幸せな気分になれる」かなって思うんですよね。私が「すごい先生」になれれば。

 

 

2019年は、多くの人に今まで以上にSakura塾をより正しく知ってもらう努力をしようと思います。

 

そして2019年は(も?)、塾生たちと気持ちよく頑張って、Sakura塾に関わる人々がご機嫌よく毎日過ごす一助となるれるよう日々精進します。

 

Sakura塾に関わるみなさまには、ご協力いただければ大変ありがたく思います。

 

 

2018年、Sakura塾を支えていただきありがとうございました。

 

これからもSakura塾生とSakura塾への応援をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

ホームパーティー2018

  • 2018.12.31 Monday
  • 05:55

もう写真と一言で振り返りまーす!

 

飲み放題

 

 

食べ放題

 

 

集まると狭い。

 

 

どこでも使う。

 

 

楽しく遊ぶ。

 

 

めっちゃ楽しく遊ぶ。

 

 

小さめで続けて4枚。

 

 

どこでも楽しそう。

 

 

イベントには全員のっかる。

 

 

ガチャガチャしたんやで。

 

 

ビンゴ…まずは当てたい。

 

 

何もらえんの?気になる〜。

 

 

なんと、特選牛肉も当たる。

 

 

そしてまた楽しく遊ぶ!

 

 

誰に指示されることもなく、最後はお片付け。

 

 

楽しめましたか?

 

また来年、しっかり頑張って楽しみましょう!

 

 

ホームパーティー2018の様子

  • 2018.12.22 Saturday
  • 16:50

は、塾生に写真の使用許可を得るのを忘れていたので、クリスマス以降にアップします。

 

とりあえず、パーティー直後の教室の様子です。

 

 

 

過去最高にキレイです。

 

拾わなあかんゴミ1つないし、机も拭かれてたし、下の写真の教室は開始直前の状態に完全に戻ってる。

 

私は「お菓子とか欲しいのは持って帰って〜!」だけなんですけどね。嬉しいことですね。

 

 

 

Today is…

  • 2018.12.21 Friday
  • 01:45

本日、うちの塾生たちは、

 

 

それだけだ!

 

恒例行事です!よろしくお願いします!

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ロゴ

profilephoto

-

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM