塵も積もれば

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 06:20

例えば、英単語を1週間で70個覚えるのは大変だし、テストをしても満点の子はほとんど出ません。でも、英単語を1日に10個ずつ覚えることは、1日だけを見れば難しくないし、テストで満点も取れるでしょう。なんでできなくなるかって、1週間与えられても、前日から70個覚えるようなことをするからです。

 

例えば、中学生の冬休みの宿題はけっこうな量あるし、提出日に間に合わない子もいることでしょう。ただ、それ冬休みの全日数で割って1日分を見たときに、提出日に間に合わせられないほどのものなのかって聞かれたら、そうでもないと思うんですよ。正確に量は知らないですけど、冬休みが2週間やったとして、1日に1時間半もやれば終わるんじゃないでしょうか。それを提出の3日前から1日7時間のペースでやろうとするから無理があるんだと思います。

 

まとめて頑張るのって無駄にしんどいんですよ。そのしんどさの割に、大して結果もよくならない。実力は一切つかない。一夜漬けと呼ばれるものがいい例でしょう。しんどいし、結果もしれてるし、実力なんてつくはずがない。

 

 

目前のものばかりどうにかするようなあり方では、しんどいだけですし、大した力はつきません。結果的に100しなければならない場合に、こなした量は同じでも「50ずつ2日」と「5ずつ20日」では力のつき方に大差がつくことでしょう。

 

 

例えば、1日に漢字を5個だけ覚える。

 

「それだけなら余裕やわ。」って思うでしょう。

 

1日あたりの勉強も、頑張ってるように見えない。

 

「もう終わり?たったそれだけでいいの?」みたいな。

 

でも、そんな塵のような努力でも、1年後には漢検準2級に挑戦できる数になります。

 

 

塵も積もれば山となる。これを実践するしないで時間とともに大きな差になるでしょう。

 

何の分野においても、生きているだけで差がつき続ける状態になりますね。

 

 

何の話かって、私自身が塵を積もらせるような努力をしようと思ってるって話でしたー!

 

みなさんもどうですか???

 

 

 

 

あけおめ。

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 05:27

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 

昨年はいろいろとチャレンジしましたが、成功した部分もあり失敗した部分もありといったところでした。

 

チャレンジしたことは成功なんだけど、それをうまく扱いきれなかった感じでしょうか。

 

正直言いまして、この1年で「気合と根性だけでどうにかできる体ではなくなってきた」とはっきり感じましたので、そのへんはうまいことバランスとりながらやっていきたいと思います。

 

また、理想がより高くなったせいで現実との差が開いてしまったように感じるので、今年はその差を縮めたいと思います。

 

今年もでかい口を叩く前にまずは自分の目の届く範囲の人々の幸せために精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

すごい先生

  • 2018.12.31 Monday
  • 06:00

2018年の最終日ですね。

 

 

今年のSakura塾ニュースと言えば、Sakura飛び級・Sakura咲くプロジェクトの開始でしょうか。

 

こういう大きな変化があると、いいこともあれば悪いこともあるもので、まさにそんな感じの1年でした。

 

もちろん、始めたことに関しては後悔もないですし、これからもっと良くなる確信もありますよ。

 

スタートできたことには大満足ですね。

 

ただ、やっていることのポテンシャルを引き出すのは「まだまだこれから」といったところ。

 

 

個人的には前半は過去最高にハイペースに生きていたけど、後半はかなり失速感がありました。

 

後半の後半はいろんなことに憤り、最終的に自分自身に対して最も憤るということとなりましたね。

 

 

いくら身を削ってやっても中傷されるような日々って感じで、作り上げられた先入観というのはしんどいなという感じでした。

 

ただ結局はそういうしんどい渦に巻き込まれることも、理不尽を凌駕できなかったり自己満足な関わりを無視できなかったりすることも、まだまだ力不足な自分のせいだって思うんです。

 

そんなこんなでテンションが最もローな状態にある自分をリセットをするために、きのう(12月30日)だけは、何もかもを忘れて好きに生きました。

 

なんとダメな一日を過ごしたんだろう…と思っていますけど、そういう日が必要だったんですね。

 

 

ということで、憤るのは2018年末でやめにして、2019年から1年間、私は「すごい先生」を目指して頑張ろうと思います。

 

塾の先生である私がどうなれば「すごい先生」になれるか。それは「塾生がすごい」となればいいんですよね。

 

「塾生がすごい」となれば、塾生は「通ってよかった」、その保護者は「通わせてよかった」となりますよね。

 

簡単に言えば「Sakura塾に関わる人々が幸せな気分になれる」かなって思うんですよね。私が「すごい先生」になれれば。

 

 

2019年は、多くの人に今まで以上にSakura塾をより正しく知ってもらう努力をしようと思います。

 

そして2019年は(も?)、塾生たちと気持ちよく頑張って、Sakura塾に関わる人々がご機嫌よく毎日過ごす一助となるれるよう日々精進します。

 

Sakura塾に関わるみなさまには、ご協力いただければ大変ありがたく思います。

 

 

2018年、Sakura塾を支えていただきありがとうございました。

 

これからもSakura塾生とSakura塾への応援をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

ホームパーティー2018

  • 2018.12.31 Monday
  • 05:55

もう写真と一言で振り返りまーす!

 

飲み放題

 

 

食べ放題

 

 

集まると狭い。

 

 

どこでも使う。

 

 

楽しく遊ぶ。

 

 

めっちゃ楽しく遊ぶ。

 

 

小さめで続けて4枚。

 

 

どこでも楽しそう。

 

 

イベントには全員のっかる。

 

 

ガチャガチャしたんやで。

 

 

ビンゴ…まずは当てたい。

 

 

何もらえんの?気になる〜。

 

 

なんと、特選牛肉も当たる。

 

 

そしてまた楽しく遊ぶ!

 

 

誰に指示されることもなく、最後はお片付け。

 

 

楽しめましたか?

 

また来年、しっかり頑張って楽しみましょう!

 

 

ホームパーティー2018の様子

  • 2018.12.22 Saturday
  • 16:50

は、塾生に写真の使用許可を得るのを忘れていたので、クリスマス以降にアップします。

 

とりあえず、パーティー直後の教室の様子です。

 

 

 

過去最高にキレイです。

 

拾わなあかんゴミ1つないし、机も拭かれてたし、下の写真の教室は開始直前の状態に完全に戻ってる。

 

私は「お菓子とか欲しいのは持って帰って〜!」だけなんですけどね。嬉しいことですね。

 

 

 

Today is…

  • 2018.12.21 Friday
  • 01:45

本日、うちの塾生たちは、

 

 

それだけだ!

 

恒例行事です!よろしくお願いします!

 

 

 

張りのある毎日へ

  • 2018.12.15 Saturday
  • 06:50

近頃、何をしても「普通」とか「別に」とか「微妙」という人が増えたような気がしますね。

 

そういう人はまだ現実に「ドハマリ」するものが見つかっていないのかもしれませんね。

 

そういうのが1つでも見つかっていると「楽しみ方」っていうのを知ると思うんですよ。

 

あっ、「ドハマリ」するものと言っても、Nintendo SwitchやらPS4やらはダメですよ。あれは「楽しませドハマリさせる仕掛けを作っているもの」ですから、あれで楽しみ方を見出せるようにはなりません。むしろドハマリすると中毒みたいになりかねません。

 

サッカーで自分の足で自在にボールを扱えることにドハマリしたり、麻雀で心理戦にドハマリしたり、ギターで好きな曲を再現できることにドハマリしたり。

 

それらは、それら自体に楽しい仕掛けがあるのではなく「知って」「やっみて」「自分で」「自分なりの」楽しみを見出すものですよね。

 

そういうのがあると、より多くのことに「知って」「やっみて」「自分で」「自分なりの」楽しみを見出だせる気がするんですよね。

 

楽しみがたくさんあると、「普通」とか「別に」とか「微妙」とか言ってられないくらい張りのある毎日になるんじゃないかなーって思うんですよ。

 

 

ちなみに私はゴルフは絶対にしません。

 

 

私はけっこうやりだすとドハマリしちゃうんですよね。

 

だから、ドハマリするとお金と時間をたくさん使っちゃいそうなゴルフは避けています。

 

 

さぁ、みなさんちゃんと心の中でノリツッコミしていただけたでしょうか。

 

そやな、ゴルフはお金と時間が…って、おい!画像がゲートボールやないかーい!

 

 

やはり書かないと。

  • 2018.12.15 Saturday
  • 03:45

おはようございます。

 

やはり書かないとダメですね。ブログは。

 

いつの間にか、人が訪れない過疎ブログに…!

 

まぁ、そりゃそうですよね。のぞいても更新されてなくちゃね。

 

ということで、やっと髪も切ったことですし(こじつけ)、更新頻度を上げようと思います。

 

まぁ、中身があまりなくても許して下さいね。

 

 

インターネットが普及して、匿名と言いますか、顔を隠して物申すことが簡単になってね、赤の他人に嫌な気分にさせられることが増えたように思いますね。

 

自分が正しいと思い込んで、平気で人を攻撃する。人から聞いた自分に都合のいい情報は正しいこととして物を言う。相手の感じている理不尽なんてお構いなし。自分のことしか考えていない。

 

私は現在、教育に携わる人間として、同じような立場の人間のやっている愚行については上沼恵美子になったつもりで無視しています。

 

ただね、何というか、自分は理不尽なことをやり返されないとでも思ってると思うんですよ。そういう人たちは。

 

だからね、いつになるかは未定ですが、私が教育に携わる人間を辞めるときには、倍どころじゃなくきっちりやり返すつもりです。

こういうことができる人のほとんどは、「ごめんなさい」も言えないような人間ですからね。

 

 

簡単に言えば、いろんな人間が噂や嘘やごまかしレベルの勝手なことを平気で発信し過ぎだと思うんですよね。

外に向けて発信したことに関しては、いくら後で削除しようが「スクリーンショット」で証拠は残してますしね。

相手がやっていることが勝手な理不尽なのであれば、証拠すらいらないんですけどね。勝手なこと言う相手には、勝手なこと言うのがちょうどいいくらいですね。

 

当たり前過ぎて、いい大人がこんなことすらわかっていないと不思議でしかありませんが、人が気分を害する事はしてはダメですよね。

お笑いの世界でもね、こういうことに関して、悪口ですら発信することに関しては「それはアカンやろ」ってなってますのにね。

 

まぁ、こんなことすらわかっていない大人がモノガワカッテイルヒトぶって教育に携わっているってのが、どうなんかなという感じですが…。

 

 

 

保護者会にご参加いただきありがとうございました。

  • 2018.12.07 Friday
  • 14:38

先週の土曜日に小2〜小5、今週の火曜日に中2・水曜日に中1の保護者会を開催させていただきました。

お忙しい中、ご参加いただきありがとうございました。

 

 

私は、もちろん最低限の準備はしてお伝えするテーマは決まっているんですが、それをどうお話しするかは全てアドリブなんですよね。

 

台本とか、全くない。けど、それがいいと思っているんですよね。決めたことを覚えて読むようなことをするなら「動画配信でいいやん」みたいに思っちゃう。

 

その場で保護者(と塾生)の顔を見ながら出てくる生の言葉が大事なんじゃないかな、って思ってます。

 

そのほうが、保護者のみなさまが大切な子どもを預けている私という人間の思いや人間性が正しく伝わるような気がしますしね。

 

それだけに、どうお感じになったかは気になるところです。「ちゃんと伝わったかな?」みたいな。

 

 

保護者会は、どれも結局は同じことを伝えてきたような気がしますね。

 

「大丈夫。子どもはまだまだ変われる。」ってことですね。

 

まぁ、それにはもちろんいくつかの条件がありますけどね。

 

簡単に言えば「子どもは正しく行動する、大人は正しく見守る。」って感じですね。

 

 

一つでも多くのことが伝わっていて、何か1つでも前向きな変化があればいいな、と思います。

 

 

 

無知の知

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 02:00

哲学の言葉ですね。

 

 

自身の知識が完全でないことを知っている、「自身に知らないことがある」ということを知っているってことですね。

 

まぁ、私はこの話を笑い話にしか使わないんですが、こういうことって大事ですね。

 

知らないことを知っている状態、わかっていないことをわかっている状態であれば、対処できますからね。

知らない・わかってないってことがわかっていなければアクションが起こるはずもないですから。

 

人間は完全になんてなれないです。だから謙虚さを失わないほうがいいですね。

 

知らないことも、わからないことも、できないこともたくさんあるってわかっていれば、謙虚さを欠く軽率な言動はなくなると思うんですけどね。

 

子どもはそういうことまだまだわからないんで、平気で大人の悪口言ったりしますね。自分のことはおいといて。

 

 

こういうことがわかっていない人ってけっこう痛いんですよね。

 

知ったかぶりならいいんですよ。いいかっこしようとしてしまうだけで、実は大して知らないことがわかってるので。

 

わかっていない人は、自分が全てを知る者かのような物言いするんですよ。根拠もなく。

 

いや、根拠はあるんです。その人の中で。ご自身の経験とかね、誰々に実際聞いたとかね。

 

ご自身の経験が一般的に通用するという根拠も、誰々の言ったことは正しいことという根拠も、どこにもないんですけどね。

 

 

こういう人に出会うと、私は「そですかー」と流して関わらないですね。何言ってもわからないんで。

 

こういう人はたいてい自分の考えと違うものについては平気で悪口を言ってる気がしますね。

 

ろくにわかってないから悪口言えちゃうんでしょうね。自分がわかってないって、わかってないから。

 

 

あー、なんだか悪口を言うのってほんとに恥ずかしいですね。

 

ただでさえ性格悪ーい感じやのに、悪口言ってる対象のことわかってないってさらけ出しているようなもんですからね。

 

 

そういうことも、塾生たちにはきちんと伝えていこう。かっこ悪いぞって。

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

ロゴ

profilephoto

-

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM